ルドルフとアドルフ

おこんばんは。
仕入れジャンキー有でございます。

これを読んだら
自分の苦手なジャンルですけど
こんな感じでやれば仕入れできるんですね。

 

 

ちょっとやってみよう。

 

行けるのか

 

どないやねん

店舗でまだ拾えそう。

 

 

例えばヤマダ電機とか。
仕入れ出来そうな   よ ・ か ・ ん。

 

 

 

 

 

では今日は。

 

 

自分が大好きなアディダスの話。

 

 

 

特にアパレルせどりでもお馴染みの
ジャージについてお話しします。

 

 

 

知ってます?
アディダスって人の名前からできてるって。

 

 

創立者のアドルフ・ダスラーは

 

ドイツの靴職人の家に生まれ、

 

兄と共に【ダスラー兄弟商会】という
靴の製造会社を設立するも、

 

 

兄のルドルフと意見対立。
結果的に【ダスラー兄弟商会】は解散。

 

 

アドルフは新しい会社を設立
自分の愛称でもある「アディ」と
ダスラーの「ダス」から
【アディダス】が生まれました。

 

 

 

因みに兄のルドルフもRUDA社を設立。
翌年には【プーマ社】となります。

 

 

ということで、
アディダスの生まれはドイツという事。

 

 

実は
アディダスのヴィンテージジャージは
Made in W.GERMANY
(メイド イン 西ドイツ)
のものが多いのもその為です。
他にもアディダスジャージは
色々な国で生産されてますが、
昔作られたジャージは
地域によってデザインに特徴がありました。

 

 

例えばヨーロッパ製のものは
スタイリッシュなものが多かったり、
細身のジャージ、ストレッチが強い素材を
使っているものが多く、
(すべてではありません。)

わぁ~これ、超欲しいやつです。かっけ~っす。

 

 

アメリカ製のものは
どちらかというと横幅が広めで
スタイリッシュさよりも機能性を
重視しているような傾向が強いです。
これ、持ってるんですけど着やすいですね。

 

 

アジア圏内製の商品は
どちらかというとアメリカに近いですが
安く生産することを重視したもの
になってます。
デザインなどは今時のものが多いので
一般的にウケのよいジャージもたくさんあります。
もちろん生産国は
タグで判断ができますが、
古着の場合タグが切られていて
判断がつきにくい場合があります。

 

 

もちろん、
それでもジャージの特徴を見て
どこで生産されたものかは、

 

ある程度判断できますが、
細かくお話しすると、

ここでは足りな過ぎるので

今度じっくりお伝えできる場を
用意させて頂きます。

 

 

 

つまり、
総合的に考えた時、
古着屋さんの感覚で行くと

 

 

アジア圏内で
生産されたジャージよりは
欧米で生産されたジャージの方が
価値が高いという事です。

 

 

 

もちろんデザインなどもあるので
一般的に絶対に人気があるとは言えませんが、

 

 

ただ、こういった傾向を
知っているか知っていないかで

 

 

商品の見方は
全然変わってくるはずです。

 

 

 

本当はもっとお話ししたいことが
色々あるんですが、
今日はこれぐらいにしておきます。

 

 

それではまたm(_ _)m

 

 

P.S.
本日で締め切ります。
7/9に開催する
せどらーさん懇親会。
自分が初めて東京で開催する
懇親会になってます。

参加される方は是非こちらに。

 

ヤマダで手に入るかも!?

発売日7/7
すでにプレってます。
傾向を見る限り、値段は上がっていくでしょうね。
プレっとるがな・・・・。

 

飯食ってん!!

RTLのメンバー、

hideさん、サクさん
コータさん、ごっちゃん
ベジータさん、そして私。

で先日、とうとう行っちゃいました。

20160706_190359

 

 

 

 

 

 

牛のいしざき(すき焼き+しゃぶしゃぶ)

20160706_190941

 

 

 

 

 

 

これ、そのまま食べました。
お刺身です。

2298100

 

 

 

 

 

 

 

 

しゃぶしゃぶとすき焼き

20160706_201830

 

 

 

 

 

 

すべてがうまい。
美味しい牛肉はのどごしを楽しむものだと
言うことを初めて知りました。

さて6人の合計総額は・・・・。
あんまり聞かないほうがいいかも知れないです。

1●万円でした・・・・・。

(もちろん安く行くこともできる
めちゃめちゃ美味しいお店です。)

ごっちゃんごちそうさまです!!

タグ

ムイてる店舗とムイてない店舗

おはようございます。
仕入れジャンキー有でございます。

 

 

イオンせどりの過去記事はこちらから。

 
これ見ると夢が広がります。

 

 

500円⇒9850円
500円⇒8200円
500円⇒5500円

 

やっぱりこれは攻めるべきジャンルですわ。

 

だってこれ紹介している人、
このジャンル、
全然やってこなかった人ですもん。

 

イオン仕入れって
そんなに難しいですか?

 

 

って思うほど、
イオンには仕入れできる商品が
てんこ盛り。

 

 

なんでこんなに
商品が余ってるんだろう。

 

 

って先日は思っていたんですけど
昨日行ったイオンは
そこまでいい商品を
発見することができませんでした。

 

 

あれっ!?
自分・・・・もしかして・・・。

 

 

レベル下がった?

 

 

何て一瞬思ったんですが
なぜ、そういった状況に陥ったか
すぐにわかりました。

 

 

それは、
今日行ったイオンは
全然仕入れ対象になる商品がない・・・。

 

 

つまり、
他のお店では

 

 

500円で売っていたこれ。

 

昨日のイオンでは2980円で売ってましたし。

 

 

他の商品も
他のイオンより
値段がお高め。

 

 

先日発見した
2800円台⇒19000円台の商品は
こちらのお店でも発見。

 

 

価格が税込2500円で5個、
発見したのでそちらは仕入れましたが、

 

 

やはり店舗によっては
価格の状況が全然違う商品もあり、

 

 

仕入れに向いている店舗と
向いていない店舗があるってことに
気が付きました。

 

 

つまり、あなたの近所の店舗で
なかなか仕入れができなくても、
もしかするとそのお店は
元々仕入れがしにくい店舗の可能性も
ございます。

 

 

つまり、あなたがよく行くイオンが
仕入れに向いているのかどうか。
仕入れやすい店舗なのかどうか。

 

 

その見極めは
できるようにしましょう。
なぜなら、
もし通っていて
なかなか仕入れできないお店が
実は仕入れに向いていないお店だった場合、
ただ単に時間を使ってしまって、
もったいないだけですから。

 

 

 

ではではm(_ _)m

 

 

P.S.
アパレルせどりに興味がある方は
こちらへの登録もどうぞ。

タグ

このページの先頭へ

債務整理の費用