プラスにしかならないこと。

どうも。
仕入れジャンキー有でございます。

 

 

さすが電脳の鬼。
まだまだこの人には
ノウハウがあります。

 

サクさん。

 

あんたはすごい人だ。
だからいつもワケワカラン商品を
見つけてくるんですね。

 

キモいですね。やばいですね。

でも・・・・・。

 

 

 

素敵やん・・・・それ。めっちゃステキやん!!

 
前回のメルマガ見て思ったことがあります。

 

 

あれっ!!
なんか中途半端な感じ。

 

 

うん。申し訳ないです。
やらかしましたね。

 

 

完全に。

 

 

自分的にはしっかり書いていたつもりが
眠気に襲われていたこともあり
中途半端な感じになっちまいました。

 

 

スマンです。
本当に申し訳ないです。

 

 

 

ということで、
今日は前回の続きのお話です。

 

 

アパレルせどりに対しての
参入障壁についてお話ししました。

 

 

アパレルせどりに参入することを
必要以上に難しく考えているのは

 

 

実は、今せどりをバリバリやっている
あなた達だってこと。

 

 

 

経験がない人とか
せどりを知らない人
そして

 

 

 

せどりなんか怪しくて訳が分からない
あなたも意味不明なことしてないで
サッサと働いてください!!
って言ってくるような人たちでさえ、

 

 

 

古着を売ることに対しては
そこまで大きな抵抗感もないし、
難しいって考えてない人が多いです。

 

 

 

ってところまで前回はお話ししたので
今回はその続き。

 

 

なぜ、せどり経験者が
難しいイメージをもつアパレルせどりを
せどりの経験をしていない方々は
そんなに難しく考えないのか。

 

 

 

それは、
古着を売るってことが
そこまで特別な事だと
感じている人が少ないから。

 

 

例えば、
あなたの住んでいる街にもあると思います。
リサイクルショップ。

 

 

そちらに不要になった洋服を
売りに行くのはもはや普通の事。
フリーマーケットで出店。

 

 

不用品を自分で
販売している人までいます。

 

 

つまり、
古着を売買する環境が
生活の一部になっていて
すでに経験している人が
めちゃめちゃいるという事。

 

 

もちろん利益のことを考えず
少しでもお金に変わればという想いから
リサイクルショップやフリマで
商品を売る人が多いんです。

 

 

でも我々せどらーは
利益を得るために
せどりをしています。

 

 

その為、モノレートでデータも拾えない
アパレルせどりは、
利益を出す事が出来るのかどうかが
全く想像もできず、

 

 

何をどう仕入れてどんな感じで
販売すればいいのかが分からない。
そこに多大なる不安を感じるからこそ
アパレルせどり参入に不安を
抱いている人が多いんです。

 

 

ってことはどういうことかわかりますか?

 

まず、
今せどりをしているせどらーさんは
アパレルせどり参入を考えている人が少ない。

 

何故ならよくわからないから。
ってことはライバルが増えにくい。

 

 

そして
せどりを不審に思っている人でも
アパレル販売なら理解してくれるってことは
アパレルせどりなら協力的になる可能性が
非常に高く、さらに言うと
アパレルせどり自体をやってくれる可能性がある。

 

⇒これは実際に本当の話です。

せどりに対して不信感しか持ってない
せどりをやっている人の奥さんが
アパレルせどりに出会ったのをきっかけに
せどりに対する理解が深まり、
更に自らアパレルせどりをやってくれるようになった。

 

とのことです。

 

 

つまりアパレルせどりを始めることは
マイナスな事ではなく
プラスにしかならないってことです。

 

 

せどりを続けるには
家族の理解は不可欠。

 

 

それが無ければ堂々と
仕入れもできませんし、
そうなるとせどりで稼ぐこと自体
かなり難しくなってしまいます。

 

 

さらに、
アパレルせどりは
高回転高利益率ってことを
知っていましたか?

 

 

だからこそ、
今からでも始めてほしいのが
アパレルせどりなんです。

 

先日仕入れた商品の中に
こんなものも発見。

定価24000円の
アディダスのナイロンジャケットが
驚きの3900円の半額。
1950円

 

 

しかも新品状態で発見です。

 

 

この商品をどう売ろうか。
色々考えてみます。

 

 

メチャメチャ楽しみですね。

 

 

ではではm(_ _)m

タグ

このページの先頭へ

債務整理の費用