適正価格ってなんぞや??

お疲れ様です。最近は結構サボってしっかり休んでおりましたがそろそろ重い腰を上げようとしている有でございます。
実はこんな自分にも質問が来たりします。
そしてその質問の中に気になる内容があったので
こちらで紹介したいと思います。

「せどりを始めて、まだ2ヶ月ほどです。最近商品の価格について悩んでおります。
この商品ですが(実際に商品情報の記載はありましたが割愛します)実際に
どのような価格にすればいいのかわかりません。適正価格はどのくらいと
考えればいいのでしょうか?」

といった内容です。

適正価格・・・・そうですね。あくまでも持論ですが
新品商品の適正価格は、ずばり定価だと思います。
購入する立場からすれば定価があるからこそ、そこから
安くなってる、高くなってるなどの判断がしやすいのではないでしょうか。

ただ、せどりでいう適正価格は考え方が違ってきます。
適正価格=回転率、利益率が効率的になる価格。ってことですよね。

例えば定価10円で仕入れできる商品がamazonでは50円でガンガン売れる。
でもこれを100円にしたら売れないし、60円にしたら売れるけど時間はかかる。

となってくるとアマゾンを利用した時の販売者側からの適正価格というのは50円といっていいと思います。
(もちろん出品者の状況によっても変わってきますが)

ちなみにその相談者さんの出品されていた商品の状況が以下の感じでした。
(あくまでもイメージです。)

最安値 自己出品 799円+送料250円
    自己出品1050円+送料0円
    自己出品1075円+送料0円
    FBA 1090円 (恐らく相談者のお店)
    自己出品 800円+送料340円     
    FBA 1580円
    FBA 1580円
    FBA 1590円

このような場合あなたならどうしますか?
相談者さんと思われる価格のまま放置しますか?
もし自分がFBA出品しているなら間違いなく1580円以上にあわせます。
(もちろん商品自体人気があり、動きのある商品の場合)
これで500円ほど、価格が上昇しました^^

相談者さんは焦りからか、FBAの特異性に対する考え方が薄れてしまったようです。
人気のある商品で且つFBA出品ということであれば、自己発送で出品されている方の
価格は、基本的に無視していいと考えております(しつこいですが自分の場合です)。

また、たま~~~に見かける方もいると思います。
同じFBA出品にも拘らず、1店舗だけ極端に価格が安く
さらに出品者コメントが毎回同じ、または記載なしのお店(Amazonは除く)・・・・・。
コメントありの場合内容を確認してみると、

「付属品はないとお考えください」
「中古の為、特典が付いていない場合がございます。」
「店舗と併売の為、在庫が無い場合はキャンセルになる場合もあります。」
「中古品の為、商品によっては汚れ、キズが付いている場合がございます。」
など等書かれてることがありますが・・・・。

自分が購入者として考えたときに出品者コメント欄に上記の内容が書かれている
商品を購入しようと思うかどうかです。

ちなみに自分は購入しようと思いません。商品の状況が明確になってないからです。
なのでこのように表記している販売店の価格も基本的には無視しております。
えっ!!無視していいの?って思う方いると思います。^^

自分の場合、価格以外にもコメントの部分で補っているところが多いのも事実です。
出品者コメントをしっかり書くことで500円高くてもいいからこのお店から
購入したいと思わせる内容を書く必要があります。
そこがうまくできていれば、ある程度価格を無視しても商品は売れます。

ただそのことをわかっていない方が多いのも事実です。
その為に不要な価格下げが起きたりするんです。
(最安値のお店に価格を合わせなくても商品は売れるのになぁ・・・。)
そうなると折角仕入れた商品を赤字になってもいいから
お金に換えてしまおうと思う方が増えてしまう・・・・。

本末転倒でござんす。

このことをわかっているのと、わかっていないのとでは
収支に大きな違いが出てくることは間違いないと思います。
仕入れしたばかりの商品は特に損しない程度の価格にしてみましょう^^
適正価格はそのときの状況で変動しております。
その為、価格変動チェックは大変重要ですよぉ~~^^
ではではm(_ _)m

自分の事を応援したいなんていう奇特な方、(ウソです。超うれしいです。)
ポチってくれるとうれしいです。宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:手引き

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

債務整理の費用