安心を買う時代・・・・・。

こんばんはーー^^
昼に出前館を使ってラーメンを注文しよう(この時点で待ち時間30分と表示)としたら
Tカードの登録をしているにも拘らず、入力画面が表示され、
再度入力したら読み込みに時間がかかり、さらに画面が進まなくなったりと
さらに時間がかかり、なんとか注文確認画面まで進んだところ
待ち時間が50分に変わってしまい、やるせない気持ちになった有でございます

最近、本当に感じること・・・・。
安心ってお金で買えるんだってことです。

前回お話した、アウターの件もまさにそうじゃないでしょうか。
自分は、安さに目がくらんで安心を蔑(ないがし)ろにしていた気がします。
確かに安く商品が買えるに越したことは無い・・・。
ですがなぜ、安くなっているのか理由を考える・・・。
しかも自分の場合、ほかのお店でも大きな値下げも無く、
さらに在庫もある売切れ続出している商品にもかかわらず、
なぜかそのお店だけ価格もかなり安く、そして在庫も豊富にあるなんて・・・。

冷静に考えればその時点で怪しいと感じるべきだったのかもしれないですね。
今回のことは本当に勉強になりました^^

安心を買うって事はせどりでも感じている部分があります。
今まで、価格破壊は止めようみたいなことも言ってましたが、
ここ最近はそこまで強く感じなくなりました。
もちろんチキンレースが減ったわけではなく、むしろせどり人口の増加で
増えていると感じています。
でもチキンレースしたければ勝手にどうぞ^^って感じかもですね^^
なぜか・・・・(もちろん不要なチキンレースはしてほしくないですけど)。

顧客が増えたわけではないと思うんですが、自分がFBA最安値じゃない、しかもカート獲得していない商品でもしっかり売れてくれるようになったんです。

本当に微々たる価格差だったりすることもあるんですが、
FBA最安値が490円の商品に対して650円で出品していたんですが・・。
自分が出品している商品が先に完売してくれましたし、
ほかにもamazonが1500円で出品している新品のDVDがあったんですが、
なぜか自分が出品している2500円の方を購入してくれる方がいたり・・・。
ほかにもFBA最安値3980円(もちろん新品)で出品している方が2人ほどいたにも拘らず、
5980円で出品していた自分の商品が売れたりとか・・・。
(さすがにこの時は、キャンセルになると思ってたんですが、結局そのまま決済されてました。)

そういったことが最近続くようになったんです。
やっぱり出品コメントにしっかりと付属している同梱品の情報を記載したり、
中古品の場合は商品の状態を細かくわかりやすく記載することを
心がけて出品している結果かもしれません。

まぁたまに同じ商品を出品している方で、自分の出品者コメントを
そのままパクられたり(本当にほぼ一緒でしょうって書き方・・・。)
することもありますが、逆に言うと、まねしたいと思わせるように
かけてるんだなぁと自信を持つことができました。

お客さんの中には安さを第一に考えている方も当然おられると思いますが、
すべての人じゃないんですね。
なぜかというと、ほしい商品に対して安心感があれば多少価格差があっても
購入して頂ける方がいるんですから^^

自己発送出品より高い価格設定になっているFBA出品の商品でも売れるっていうのもその部分です。
じゃあ、同じFBA出品の商品の場合は?

それは、出品コメントや評価をみてより、より安心できる方を
好んで購入される方も多いです(価格差があっても購入してくれたりします)。

あなたはどうですか?コメント部分を簡単に終わらせてませんか?
その部分を変えるだけでも販売力は上がると思うので
ぜひチャレンジしてみてください^^
ではではm(_ _)m

こんなの売れましたぜ!!

【正規品】 ジップヒットプロ ZIP-N-HIT

新品価格
¥4,000から
(2014/1/14 01:26時点)

980円⇒5980円
こんなの誰が仕入れるんだろう・・。
これって自分がこの商品を見たときの第一印象です。
でもその感覚って大事だと思います。
商品があるということは需要がある可能性が・・・。
そう考えられるようになると、一歩前進だと思います。

自分の事を応援したいなんていう奇特な方、(ウソです。超うれしいです。)
ポチってくれるとうれしいです。宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年1月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどり 手引き

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

債務整理の費用