自分は1980円以上派!!

こんばんは。

 

 

せどりや転売を行う際に
ツールや教材を購入するのは
稼ぐための近道だったりします。

 

 

でも、
まだ始めたばかりの人は
そういったものにお金をかけるぐらいなら、

 

 

資金を仕入れに回したい。

 

 

そう思ってませんか?

 

 

その気持ち。
実はわかるんです。

 

 

自分もそうでしたからね。

 

 

だからこそ、
49800円で販売している教材を
一回販売を中断して

 

 

今の期間だけ
無料でプレゼントしている
これを手に入れてほしいんです。

 

 

これで約5万円近い資金を
節約できました。

 

 

あとは仕入れ資金に回しちゃってください。


◆本日のご紹介。
本当にこれ系の商品は美味しいんです。

 

 

だってライバルがスルーしてくれるんですもん。
だからいつ行っても
この商品、残ってるんですよね。

 

 

本当はメチャメチャ売れるのにね。
あなたもこれを読んで
数少ない知ってる側の人間になりませんか!!

 

 

以前のメルマガの続きです。

 

 

あなたが100円で仕入れた商品を
FBA出品する時

 

 

自己出品1000円(送料無料)
自己出品1000円(+送料500)
FBA出品1980円
FBA出品1980円
FBA出品1995円

 

 

ってなってたら。

 

 

いくらで出品しますか?

 

 

ってやつ。

 

 

まさか1000円で出品するなんてこと
ないですよねって言いました。

 

 

そして

 

 

自分だったら1980円で出品すると言いました。

 

 

もう答えは分かりましたか。

 

 

それは、
FBA出品なら1980円以上でも
この商品は売れると判断できたからです。

 

 

もちろんモノレート等を見て
しっかり売れていることが条件です。

 

 

売れているけど
最安値が全然変わらない。

 

 

こういう場合は
FBA出品の商品が売れていると
想像できます。

 

 

更に、

 

 

FBA出品者の価格帯が
固まっているという所。

 

 

これはですね。

 

 

最近の値付けの傾向として、
もっと安くFBA出品している商品があれば

 

 

その価格に追従する出品者が
かなり高い確率で出てきます。

 

 

つまりあの状態を考えると
自己発送付近の価格で出品している
FBA出品者はいなかったと
予測できるわけです。

 

 

だから自分は1980円以上の価格にするわけ。

 

 

利益を出すのにいかに早く売るかってことを
意識するのも大事ですが

 

 

ただ安くすればいいってわけじゃないってこと。
考えながら価格を設定してみてください。

 

 

本来なら
商品の最安値が
FBA価格であること自体、
ありえないことなんです。

 

 

本来のFBAブランドを力を考えたら。

 

 

ではではm(_ _)m

※商品情報はメルマガにて公開中です。
これ、イケそうですね。
現在最安値が1750円(送料含む)

 

またまた見つけちゃいました。
モノレートでもチェックしてみたんです。

 

 

FBA出品の価格帯が
ある程度固まってます。

 

 

そして新品もちょこちょこ
売れてるみたいです。

 

もちろん自己責任でお願いします。

 

 

☆無料でお金の勉強しませんか?

お金持ちはなんで
お金を稼ぐことができるのか。
なんでお金が集まるのか。

 

それはお金のことを知っているから。

 

あなたは

 

 

・少しでもいいからおこずかいを増やしたい。

・少しでも生活費を稼ぎたい。

・少しでも家族に贅沢させたい。

 

つまり、お金を稼ぐことで
得れる幸せを手に入れたい!!

 

そう思っているはずです。

 

だからこそ勉強は大事なんです。
勉強するならまずは無料で試すのって
いいと思いませんか?

 

メルマガ登録しませんか?

 

メルマガにはこちらに載せてない情報があります。

 

知りたい?

 

こちらからどうぞ・・・。

 

次号から配信されます。

 

 

自分の事を応援したいなんていう奇特な方、(ウソです。超うれしいです。)
ポチってくれるとうれしいです。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ にほんブログ村

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年8月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどり

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

債務整理の費用