コレ、意識してみて!!

こんばんは。

 

有でございます。

 

◆本日のご紹介

 

電脳スキカ?・・・・・・。

 

って聞かれたら
好き好き大好き!!
または、
憧れちゃう!!

 

って答える人。

 

 

せどりやってる8割以上はいるでしょう。

 

 

えっ!?自分ですか。
仕入れジャンキー=店舗仕入れ。

 

 

 

というイメージはもう過去のものです。

 

 

もう、バリバリ男です。

 

 

今から電脳始めたいなら絶対に見てください。
自分からの絶対的信用のあるあの男が書いたノウハウです。

 



今回、懇親会を久々にやった感想。

 

 

やっぱり皆さん進化してます。

 

 

今までヤフオクのみで販売されていた
かなり面白い友人は最近
Amazonもやり始めていたりとか。

 

 

理由は遠征している最中でも
自動的に発送してくれるシステムが
うれしいとの事。

 

 

ヤフオクはそういうわけにはいかないって
言ってました。

 

 

その方には

 

 

マルチチャンネルを使えば、
ヤフオクで出品してても
Amazon⇒ヤフオク落札者に送ることが
できることをなどをお話ししたりとか、

 

 

以前は東京によく仕入れに行ってた方が
最近は道内を色々回るようになったとの事。
そうすることで仕入れの効率が上がったようです。

 

 

また、初めて会った時はせどりを始めてなかった
初心者の方が、本格的に始めてすでに3か月が経過。
精力的に動き回って、結果が出始めていたりとか。

 

 

あとはそろそろ情報発信をしていきたいと
考えてる人。

 

 

もちろんせどりでも稼げてるんですけど
どうせなら現在の自分の実績を
有効利用して、効率よく稼ぎに繋げたいとの
話をされてました。

 

 

自分もそうですが、
今まではせどりしかしていなかったのが
情報発信という+α要素を取り入れたことで、
新しい世界が目の前に広がっております。

 

 

その影響で現在は
せどりもいいし、
情報発信もいいけど、
全く違うビジネスの話も
実は少しずつ、進んでおります。

 

 

そういったことに
繋がる可能性が
情報発信にはあるんです。

 

 

ヤバいでしょ?

 

 

もし、情報発信してみたいけど
どうしたらいいのかわからない等
有りましたらぜひぜひご連絡ください。

 

 

 

この様に自分の読者さんがドンドン
前に進んでおられるのを見ると
本当にうれしいです。

 

 

自分ももっと前に進もうという
活力になります!

 

 

 

今回懇親会を久しぶりに
させていただいて、もっと自分も
読者さんに会いたいなぁと思いました。

 

 

そこで次回の懇親会開催は
今までとちょこっと趣向を
変えてやってみようと検討中です。

 

 

今まであまり参加できなかった方でも
多少なりとも参加しやすくなるかも。

 

 

 

と思っております。

 

 

詳細が決まったら
メルマガやブログでまたお伝えしますね。

 

 

ではではm(_ _)m

 

※商品情報はメルマガにて公開中です。
480円⇒1500円

 

今度お店に行って
商品を仕入れる際なんですが
こんなことを意識してみてください。

 

消耗品で値下げされてる商品ないかな?
または
消耗品で人気のある商品はないかな?

 

 

なんでか分かりますか。

 

 

消耗品=消耗していく商品。

 

 

つまり使えばなくなっていくということ。

 

 

だから自分は付属品を仕入れるんです。

 

 

だって繰り返し購入してくれる

 

または

 

まとめて購入してくれる

 

 

そんな可能性が高いですから。

という事は?

 

 

狙うべきですよね。

 

 

メルマガ登録しませんか?

 

 

メルマガにはこちらに載せてない情報があります。

 

 

知りたい?

 

 

こちらからどうぞ・・・。

 

 

次号から配信されます。

 

 

自分の事を応援したいなんていう奇特な方、(ウソです。超うれしいです。)
ポチってくれるとうれしいです。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ にほんブログ村

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年8月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどり

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

債務整理の費用