ジャンキーは効率悪い?

こんばんは。

 

 

今更ながら
ツイッターの登録をしてみました。

 

 

とは言っても
まだ初ツイートはしてません。

 

 

実は慣れてないせいか

 

 

あっ!!あのタイミングだったなぁ
と後から気が付く感じです。

 

 

 

これから徐々につぶやいていこう
と思っている有でございます。



◆本日のご紹介。

 

 

お金が無い人にこの発想があれば、
きっとお金が無いってことは
なくなるんでしょうね。

 

 

読んで納得、即行動。
これはすぐに真似できます。

 

 

お金ない人いる?
じゃあこれを試してください。
0円仕入でガッツリいって見ると面白いでしょう!!

 

 

前回のメルマガで
【人が見ないような商品をチェックする】

 

 

というお話をしました。

 

 

こういわれてもよくわからない。

 

 

それが正直な気持ちでしょう。

 

 

でももっと単純に考えていいですよ。

 

 

どのジャンルをやっていても
そうなんですが、

 

 

よく聞く言葉。

 

 

 

「1店舗に30分以上、
仕入れ時間に使うのはもったいない。」

 

 

 

「仕入れは10分あれば十分。」

 

 

などなど。

 

 

効率化を重視しているせどらーさん、
実は多いです。

 

 

自分はというと、その時の気分にもよりますが
本気で商品を見るんでしたら、

 

 

1店舗に2時間~3時間以上いることも
多々あります。

 

 

そんな時は1日に3~5店舗ぐらいしか
回れなかったりもします。

 

 

これを聞いて、

 

 

普段から店舗数をガンガン回る方は

 

 

「有さんの仕入れって、
メチャメチャ効率悪いっすね!!」

 

 

と思うのではないでしょうか?

 

 

でも過去に自分の仕入れツアーに参加して
実際に自分がどんな感じで商品を見ているか
知った人たちは。

 

 

「有さんの仕入れって、効率的ですよね!!」

 

 

って言ってもらうことが多いです。

 

 

 

実はこの話と
前回のメルマガ、
そして最初の方にお話しした、

 

 

【人が見ないような商品をチェックする】

 

 

に関連した話。

 

 

1店舗に時間をかけない。
1店舗に時間をかける。

 

 

実はどちらも正解です。

 

 

 

自分も目的によって
時間をかけない仕入れ
時間をかける仕入れを使い分けています。

 

 

自分が時間をかけて仕入れをする時。

 

 

それは商品をじっくり見たい時。

 

 

なんでじっくり商品を見たいかというと、

 

 

どんな商品がこのお店に置いてあって

実際に利益が出そうな商品を
自分が枯らすぐらいの勢いで商品を見たいから。

 

 

つまり、その店舗にある
様々なジャンルの商品を
すべてチェックするぐらいの勢いです。

 

 

ここまでやると当然
1店舗当たりの滞在時間は
圧倒的に増えます。

 

 

3時間以上が当たり前というのも
分かるのではないでしょうか。

 

 

でもそれをやるメリットが
本当にあるのか?
不思議に思うかもしれませんが、

 

 

自分にとってはメリットがありすぎです。

 

一体どんなメリットがあるのか。

 

ちょっと長くなってしまったので
それはまた次の機会に・・・・・。

 

 

ではではm(_ _)m

※商品情報はメルマガにて公開中

388円⇒1283円

 

イトーヨーカドーで
大処分してたのに誰も見てませんでした。

 

 

めちゃめちゃ置いてあったので
もちろん薄利ですが全部頂きましたよ。

 

 

せどらーさんによって
このぐらいの利益の商品を
仕入れるか仕入れないか。

 

 

結構分かれるところですよね。

 

メルマガ登録しませんか?

 

 

メルマガにはこちらに載せてない情報があります。

 

 

知りたい?

 

 

こちらからどうぞ・・・。

 

 

次号から配信されます。

 

 

自分の事を応援したいなんていう奇特な方、(ウソです。超うれしいです。)
ポチってくれるとうれしいです。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ にほんブログ村

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年8月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどり

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

債務整理の費用