普通じゃないせどりも知らないと・・・。

こんばんは。

 

 

最近、いくらでも寝れるんじゃないかと
錯覚をするぐらい常に眠い
仕入れジャンキー有です。

 

 

なんでだろう・・・。

 

 

睡眠の秋だから。

 

 

ということにしておきます。

 

 

自分も違うジャンルで
同じように検索してみたら・・・。

 

 

 

電脳苦手な自分でも
プレ値商品探せ出せちゃった!!

 

 

 

こんなのとか
ドンキで見た気がする。

 

 

こんなのも。
これは西友にあったなぁ

 

 

商品の探し方はもちろん、
その後の仕入れ方法までしっかりと書いてあります。

 

 

 
昨日話していた
他の人が絶対にやらない

 

 

 

普通のせどらーさんなら
間違いなくこの方法は使わない。
そんな商品の探し方の話。

 

 

 

これって何なんですか?

 

 

 

って質問が来たので
簡単に説明すると

 

 

 

利益の出る商品の作り方の話。

 

以上。















 

で話を終了してしまうと
ますます訳が分からないと思うので
説明するとこういう事。

 

 

その商品を仕入れた時点では
自分を含む、どんな人でも
利益が出ない商品なんですが、

 

 

 

ココであることをするだけで
即、利益の出る商品に早変わりする、
せどりの裏ワザというか荒ワザと言いますか。

 

 

 

しかもそれは
誰でも出来てしまう方法です。

 

 

 

ただ気が付いているかどうか。
本当にそれだけ。

 

 

 

自分はそれを実践するだけで
普通なら36500円の利益になる所を
191900円の利益にすることに成功しました。

 

 

 

あなたはそんな手法を持ってますか?
恐らく自分しかやってないせどりの仕入れ方法。

 

 

 

あなたがせどりで安定的に稼ぐには
ライバルが知らない、やらない、考えつかない。
そんな方法をいくつ知っているかが
勝負になってくるはずです。

 

 

 

例えばみんなが知らない
メチャメチャ買いやすい
問屋さんを知っているとか。

 

 

 

ネット情報では
在庫なしになっていても、
実は手に入れる方法があるとか。

 

 

目の前に仕入れ出来る商品がない。

 

 

ネット情報ですでに
手に入らないことが確定している。

 

 

というだけで
諦めてしまうかどうか。

 

 

 

でも本当はその先に
色々とおいしい商品が
転がっていたりすることが
多いんですけど、

 

 

 

そこに気が付かない人が多いんです。

 

 

だから普通のせどらーさんのまま
成長しないんですよね。

 

 

 

もちろん自分は
そういうネタ的なものは
いくつも持ってます。

 

 

 

人が考えない手法とか。

 

 

せどらーが対象としてない
販売対象者に商品を売る方法とか。

 

 

要望が多ければ
そういった手法のいくつかを
公開する日が来るかもしれません。

 

 

 

今の時代。
せどりで安定して
稼ぎたいと思っているなら

 

 

 

王道的なせどりはもちろん必要ですけど
【邪道的なせどり】も知らないと
ブルーオーシャンはないですから。

 

 

ではではm(_ _)m

 

 

コレ貼ってなかったら
怒られちゃった。
読者さんに。

 

 

 

最近募集してないんですか?って

 

 

 

スンマセン。
まだまだ募集してます。
 

 

残り20日を切りました。

 

 

本当に後悔ない?

 

 

 

既に決めた人たちの中で好評なのが
地域で開催しているリアル作業会。

 

 

 

わからないことが分かるようになる。
パソコンが苦手だから作業できないなんて言わせない。

 

 

 

せどらーさんが大量に集まるから
その場で出る話題がやばすぎる。

 

 

ここにいるだけでせどりが
レベルアップするのが分かる。

 

 

普段1人だとだらけてしまうので
この環境は本当に素晴らしい。

 

 

 

他の塾にいた時は塾生同志の交流を
させてもらえなかったんですけど
ココはガンガンしていいので
メチャメチャ楽しい。

 

 

と大好評の声しかありません。

 

 

 

そんな環境に興味がある方は
気軽に参加してください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:せどり 情報発信

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

債務整理の費用